吾輩はらいぞうである

日常

今日はらいぞうが誇らしくソファの上に鎮座していました。

端っこもなんのその、悠々と

圧倒的な存在感に、とら丸さんも下界からただただ見上げるのみでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました