勇者らいぞう第24章 御光

日常

神秘のヴェールの奥に誰かが佇んでいる

そう、勇者らいぞう である

朝の光は御光となり、らいぞう様を照らすのであった

とら丸さんは、らいぞう様の眩しさに目を背けずにはいられなかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました